ニンテンドー3DS

すれ違い通信機能

3DSには、「すれ違い通信」という機能を本体機能として搭載しています。この「すれ違い通信」機能が、おもしろい、楽しいとユーザーのあいだで人気です。
さて、この「すれ違い通信」とは、どのようなものなのでしょうか?
また、どのような点が、ユーザーにうけているのでしょうか?
3DSでは、複数のゲームのすれちがい通信プログラムが本体に常駐しており、電源が入っている間は、常時動作し続けるようになっています。
従来は、対応ゲームをスタートさせてすれちがい通信モードにする必要がありましたが、3DSでは、そのひと手間は必要なくなりましたから、これは、使いやすさアップです。
本体の「おしらせランプ」が緑色に光り、すれちがい通信が発生したことを教えてくれます。すれ違い通信で得た情報などは、ソフトの中断時でも利用可能な「おしらせリスト」で確認することができます。通信の対象ソフトは12種類まで登録することができ、本体設定から解除することもできます。ただし、従来のDS/DSi用ソフトは、従来と同様にゲームを起動する必要があります。
特に評判がいいのが、ニンテンドー3DS本体に内蔵されているソフト「すれちがいMii広場」です。ここは、すれちがい通信で受け取ったMiiが集まる場所となります。Miiとは、すれ違うプレイヤーのアバターのことです。ここにMiiを集めるのが楽しくて、ついつい3DSを持ち歩いてしまうという人が多いようです。
本体をバッグに入れて持ち歩くだけで、街角ですれちがったMiiが交流するという、なんの面倒な手順もいらない手軽さも、ユーザーに人気の理由なのでしょう。

 すれ違い通信機能 

美顔器の選び方  トゥルースリーパーで熟睡快眠  インターエデュ中学受験  スワップ金利で不労所得  住込みの仕事探し情報  ヒアルロン酸でアンチエイジング  ファッションセンターしまむら  マクロビオティックで健康生活  ほくろ除去  瞼のたるみ  自宅できる腸内洗浄  誰もが儲かるフランチャイズビジネス
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi