ニンテンドー3DS

3D映像は30分ごとに休憩を

ゲームというと、大人も子供も熱中してしまい、気付けば、何時間もプレイしていたという事もしばしばありますよね。しかし、ゲームを長時間していると、目も疲れますし、肩も凝ってしまい、あまり健康的とは言えません。3D映像を使ったゲーム、3DSは特に、目への負担が大きいようです。
大人は、自分で抑制できますが、子供は、親が注意してみていないと、自分で抑制してやめるというのは難しいようです。3DSでゲームをする際の休憩のとり方については、任天堂のホームページでも以下のように注意書きされています。
「任天堂は今までのゲーム機でも、ゲームをする時間の目安として1時間したら休憩することをおすすめしてきました。
今までのゲーム機の場合でも、長時間連続してゲームをした後には、疲れや不快感といった症状が起こることがわかっています。
3D映像は、左右の目に映る映像が異なることによって、ユーザーが立体的な映像でゲームを楽しむことができる訳です。よって、3D映像の場合、従来の2Dの映像と比べて疲れを感じやすい人が多いかと思います。
疲れの起こりやすさについては、3D映像の内容によっても変わります。任天堂は、健康的で快適な3Dゲームコンテンツ開発の研究を継続して進めていますし、極端に疲れを引き起こしやすい映像は避けてゲームの制作を行っています。
しかしながら、ゲームを作る側の工夫だけでは、ゲーム後の疲れを完全に無くすことはできません。3D映像でゲームをお楽しみいただく場合、目安として30分ごとに休憩をはさむことをおすすめします。特に、体調が悪いときや、もし気分が悪くなったときは、直ちに使用を中止してください。」

 3D映像は30分ごとに休憩を 

美顔器の選び方  トゥルースリーパーで熟睡快眠  インターエデュ中学受験  スワップ金利で不労所得  住込みの仕事探し情報  ヒアルロン酸でアンチエイジング  ファッションセンターしまむら  マクロビオティックで健康生活  ほくろ除去  瞼のたるみ  自宅できる腸内洗浄  誰もが儲かるフランチャイズビジネス
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi