ニンテンドー3DS

3D映像の注意点

ニンテンドーのホームページでは、3DSの3D映像について、ユーザーの方にこのような点に気をつけて欲しいという注意点が明記されています。特に、小さいお子さんが3DSで遊ばれる際には、お子さんの親御様に向けた注意点も書かれています。小さいお子さんは、ゲームによってうける影響が大人よりも強いので、注意が必要なんですね。
決められたルールを守って、楽しくゲームをプレイしましょう。
6歳以下の小さなお子様の視覚は発達段階にあると言われています。
『ニンテンドー3DS』の3D映像は、左右の目に映る映像が異なることによって、立体的に感じられます。専門家によると、3D映画や3Dテレビなども含め、左右の目に異なる映像を届ける3D映像は、小さなお子様の目の成長に影響を与える可能性があると言われています。
3D映像による小さなお子様の視覚への影響を避けるために『ニンテンドー3DS』では3D映像から2D映像への切り替えが、自由にできるようになっています。大人が楽しむ時は、3D。お子様が楽しむ時は2D映像という風に、切り替えることで誰でも楽しめるようになっています。
さらに、『ニンテンドー3DS』には、親御さんが安心してお子様に遊んでいただけるよう、「保護者による使用制限機能」というものが設けられています。その中のひとつに、3D映像の表示を制限する仕組みが取り入れられています。
この機能を使って設定を行えば、保護者の方があらかじめ定めた暗証番号を入力しない限り、3D映像は表示されません。全て、2D映像で表示されます。このような、お子様の目の安全を守るシステムは、是非活用したいものです。
6歳以下のお子様が『ニンテンドー3DS』で遊ばれる際には、「保護者による使用制限機能」を活用しましょう。

 3D映像の注意点 

美顔器の選び方  トゥルースリーパーで熟睡快眠  インターエデュ中学受験  スワップ金利で不労所得  住込みの仕事探し情報  ヒアルロン酸でアンチエイジング  ファッションセンターしまむら  マクロビオティックで健康生活  ほくろ除去  瞼のたるみ  自宅できる腸内洗浄  誰もが儲かるフランチャイズビジネス
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi